解体工事を行う際の流れ

実は単に解体工事と言っても、様々な手続きが必要です。

参考までに『解体工事の相談~実際に工事を行う~解体工事を終了』の流れをご説明いたします。

  • 解体工事の見積もりを取る

一般に解体工事の見積もりと言っても様々な取り方があります。

工務店に頼む・ハウスメーカーに頼む・ネットサイトで相談・解体工事業者に直接頼む・・・etc.

ここで1つお願いなのですが、『価格だけで判断しないこと』

なぜなら、ほとんどの場合、それぞれの見積内容が違うからです。

見積もりを取った際には是非、内容の確認も行ってください。

  • アスベスト含有調査

これはドキッとされる方がほとんどかと思いますが、実は一般住宅でもアスベストが含まれている建材が

多いことはあまり知られていません。

実際に屋根材・塗装材・石膏ボード・和室仕上げ壁材・防火材(キッチンの壁や雨戸をしまう戸袋と呼ばれる部分の内側の板など)屋根の軒先の天井材など、様々な建材から検出されています。

これらを知らずに撤去・処分を行うと『違法』となってしまうので、ご注意ください。

2022年4月1日以降に行われるリフォーム工事や建物解体工事では、アスベスト含有物の事前調査報告が義務付けとなります。

詳しくはこちらを参考にしていただくか、私どもにお気軽にお問い合わせください。

(環境省ホームページ)

  • 行政へ申請などを行う

解体工事を行う際に、建設リサイクル法の届け出を行うことがあります。(環境省ホームページ)

そのほか大気汚染防止法(石綿則)の届け出、近隣説明を行います。(環境省ホームページ)

今まで使われていた【電気】【ガス】【水道】の使用を中止していただいた後、撤去の申請を致します。

状況によって道路使用許可などの申請や、電線の防護管設置の手続きも行います。

  • 解体工事着工~完了

一般住宅であれば、7日間~14日間程度で完了します。その間はご近所様に最大の配慮をし、作業いたします。

  • 工事完了後

土地・建物の登記事項の変更を行います。

お客様ご自身で行われる場合、貴社より必要書類の発行を行います。

ご自身で行う事が出来ない場合は、専門業者のご紹介も致します。

ご質問、ご相談がありましたら、気軽にお問い合わせください。